家賃支援給付金の申請準備を始めましょう

ご存じの通り、令和二年度第二次補正予算で「家賃支援給付金」の概要が決まりました。

給付額は月の上限100万円で6か月分つまり最大で600万円、と今までの給付金の中でも最大級。

今回は①2020年5月~12以降の売り上げが前年比で50%以上減少または②2020年5月以降の連続する3ヶ月が前年比で30%以上ダウンした場合に支給されるものですので、5月同志での比較で50%を満たせば問題ありませんがそうでない場合は該当月を待つか、5,6,7月の合計で満たすのかを検討する必要があります。それにより申請付きを決まることになります。

時期は早くて6月下旬といわれていますが、早く申請するにはいまから準備が必要です。すでに持続化給付金を受けている場合も対象になります(一部は同じ資料でOK)が、今回は「賃貸契約書」と「家賃を払ったことを証明する書類」も添付しなければなりません。

契約書を紛失している場合は大家さんから写しをもらうなどの準備をしておきましょう。契約上の賃貸人と支払先が異なる場合(管理会社経由)や管理費込みの支払いの場合など、契約書と領収書の金額が異なる場合は何らかの説明書類も必要になるかもしれませんので申請時に混乱しないように今から整理しておく必要があります。

経済産業省へのリンクはこちらです。

https://www.meti.go.jp/covid-19/support/00/00_01.pdf

About the author: arcist

Leave a Reply

Your email address will not be published.